懐かしの名機たち

「画像を映す」という基本性能に徹すると、
カタチは自ずと美しくシンプルになる。


SONY PROFEEL
1980
トリニトロン カラーモニター
SONY PRPFEEL KX-27HF1
(\228,000)

1980年代の幕開けと共に、ソニー
から新しいコンセプトのテレビ機器
が登場した。将来の本格AV時代に
備えて、画質を究極に磨いたカラー
モニターである。
「モニター」というからには、単体では
映像を楽しむことが出来ない。別売
のビデオデッキや、テレビチューナー
を接続して、「高画質」を楽しむのだ。
それまでの、テレビは「箱1つ」で楽し
めるという概念を根底から覆し、我々
「テレビ・ファン」をアッと言わせたもの
である。
後を追うように、日立の「ON−LINE
」をはじめ、家電各社から同様のコン
セプトをもった商品が発売された。
27型、20型、16型の3種類を発売。
のちにテレビチューナー内蔵型も。
20年経った今も色褪せないデザインは
さすが。
SONY PROFEEL-02SONY PROFEEL-04
カタログでは、「プロフィール」の様ざまな「化粧法」
が提案されている。

「プロフィール」を軸とした、オーディオ・ビジュアル・
コンピューターの近未来予想図。約20年たった今日と
比べて如何なものか。
SONY PROFEEL 03