90.夫婦善哉
毎週日曜日よる10:30〜ほか (大阪・朝日制作)TBS⇒NET系で放送(1963頃?〜1975)

ミヤコ蝶々さんが亡くなった。上方芸人の中でも「品のいい」感じが個人的に好きで、歯に衣きせぬ言い回しも好感が持てた。高齢とは
いえ、とても残念である。心からご冥福をお祈りしたい。
ミヤコ蝶々と言えば何と言ってもこの「夫婦善哉」が有名だ。一般視聴者夫婦を招き、二人のエピソードや生活について、彼女の巧みな
話術が解き明かしていく内容。後年の「唄子・啓介のおもろい夫婦」と同様の流れだ。番組は昭和50年まで続いていたので良く記憶し
ているが、旦那の故・南都雄二氏と共に出演していた映像は覚えていない。また、ラジオ番組からスタートして20年続いたという話も後
に知った事実だ。
ミヤコ蝶々は小学校もろくに行けず、字がほとんど読めなかったそうだ。また腎臓の持病もありながらよく第一線で頑張ったものだ・・・、
と恵まれた我々にとっては、本当に頭が下がる思い。
※「字が読めない」⇒「なんという字?」⇒「南都雄二」・・・って関係あるのだろうか。どなたか教えてもらいたい。