好評でゴールデンタイムに移行した山城新伍の「笑アップ歌謡大作戦」の後を受けて、日曜の午後にテレ朝系で放送していた歌謡バラエティ番組。司会は関口宏。番組の目玉は何と言っても総勢数十人のチビッコたちが、ゲストの歌手たちに向かって放つ「質問」のコーナー。マイクを向けるのは元アイドル歌手のシェリーだった。とても小さい子まで、番組タイトル通り「ドッキリ!」する質問を浴びせるため、おそらく事前にスタッフが「こんな質問したら・・・?」と入れ知恵していたものと思われる。普通な
ら、ちょっと聞けないようなシャレにならない質問でも、子供だったら許せてしまう・・・という点を狙ったものだ。
また、思い出に残るコーナーは小松政夫の「タコふん音頭」のコーナー。毎回ゲストから1人選んで、「タコふん音頭」を踊らせようというもので、名物番組「見ごろ!食べごろ!・・・」を彷彿させた。「タコふん」とは「タコのふんどし」の略。「♪ど〜おすりゃいいのさ、タコのふんどし・・・」という歌だった。このコーナーで登場する茶くみの香港(台湾?)女性を「チンチン・カイカイ」を呼ばせているのには笑った。いかにも小松政夫ワールドといった感じ。


INDEXへ戻る

TOPへ戻る


COPYRIGHT
SUPEROTACKY ENTERTAINMENT